OEMをお探しのお客様

数々のOEM先の中から、弊社をお選び頂ける
「ストロングポイント(強み)」をご紹介いたします。

太田貿易が選ばれ続ける5つの理由

貿易会社が祖業ならではの海外調達・値段競争力

貿易会社が祖業ならではの海外調達・値段競争力

名前が祖業を示すと言われるように貿易から始まった会社でありますので、ダイヤや色石といった石素材の調達力や値段競争力は40年の実績がございます。調達した石を、実店舗や自社ブランドの開発などで使うことによって「石を活かすアイディア」のノウハウを蓄積しております。「エメラルドカット」や「バゲット」といった、角ダイヤのメッカと言われるイスラエルに現地スタッフを派遣していることも調達力に貢献します。一般的に「中間マージンをカットした直輸入」を謳う、ブライダル小売店様等も多いですが、実の所ダイヤは、天然ものなので、「牛一頭買い」のように全てのパーツを使いきれる法人が一番安く仕入れられます。「使いたい石のみしか買わない」会社様より安く調達出来るところが弊社の一番の強みと言えます。

石素材の差別化に基づくオリジナルブランド化

石素材の差別化

業界の中では「角ダイヤの会社と言えば、弊社」という評価を長年頂いております。それだけに角ダイヤのみならず『素材の変化によってもたらされる、ブランドコレクションの差別化』のノウハウもございます。単純に「変わった素材」を使うだけでは、「コレクションの差別化」は叶いますが、「マス」として売り上げを伸ばしていく商品にはなりえないでしょう。『見た目変化をもたらしつつ売筋を外さないデザイン・仕上がり』加減を絶妙にいたします。「非ノーマルな石素材を活かしたジュエリー」をお作りになりたいときは是非ご相談下さい。弊社が持つノウハウで、必ずやクライアント様がお求めの「サムシングワン」をご提供することをお約束いたします。 *写真は低価格でのレール留めを実現したマイクロチャネルセッティング

制作実績3万型超の経験から素早い対応力

制作実績3万型超の経験から素早い対応力

デザイン画からファーストサンプルアップ迄、最短で10日間で作ることもできます(最終的な本数・金額による)。特にデパート1F系または、ファッションビル1F系のブランド様には、ライバル店に先んじてトレンドを取り入れていく必要がある為、この対応の早さが信頼性と利便性の源になっています。また、社内のCAD(キャド)職人は、OEMに必要な技術とノウハウを備えている為、クオリティ高く、スピーディな対応が可能です。データ制作は全て社内生産となっており、CAD(キャド)データは、敢えてクラウド上にせず、社内で複数のハードディスクで定期的に相互補完で保存しているので、「セキュリティ」も万全です。

鋳造可能素材でオリジナリティや付加価値を

鋳造可能素材

pt900ハードプラチナ、pt950ハードプラチナ、k18_3色、k10_3色といったジュエリーの定番の品位だけでなく、pt1000(表記pt999)を硬化処理をし、ブライダルジュエリーなど多頻度商品にも使える素材や、通販系に人気のk24ゴールドの素材などは、通常商品より高付加価値で高単価を狙っていくお客様におススメです。さらに、k18ブラッグゴールド、k18シャンパンゴールド等、色のオリジナリティーで、差別化しうる素材も数多く揃っております。シルバー925は国内生産がメインではありますが、数量次第では、海外工場にて、生産することも可能です。通常、真鍮といった低単価素材を扱われるアクセサリー系の、お店様向けの素材です。

鋳造不可素材でオリジナリティや付加価値を

鋳造不可素材

原型で対応することが難しい、形状不揃いの色石(主にカボッション系)には、k18の線形で手巻きでの対応ができます。都度、原型を作らずに製品化できるので、石ありきで、製品を作る、または余り石を活かす方法として最適です。より付け地金を軽く仕上げられることもメリットです。また、こちらもk18の単線を使ったシャンク巻き、一つ一つ手作業で繋ぐ、その繊細な作業のクオリティーは、既に他社様等で取り扱いが潤沢なクライアント様にもご好評いただいております。手作業の商品に、差別化された石素材鋳造パーツを組み込むことによって、よりオリジナリティのある商品に進化させることも可能です。

OEMの流れ

OEM業務の流れは下記のとおりです。
ご質問やお見積もりのご依頼などございましたら、
弊社営業担当まで、お気軽にお問い合わせください。

FLOW

制作フロー

OEM制作01

お問い合わせ

OEMに関するご質問ご相談は、専用のお問合せフォームから必要情報を入力してください。

問い合わせ
OEM制作02

ヒアリング・カウンセリング

打ち合わせの際に、より詳細なヒアリングを行います。予定の生産数・ならびに納期について、打ち合わせさせていただきます。
OEM制作03

デザイン案の決定・お見積もり

これまで打ち合わせさせていただいた情報を元にお見積を作成させていただきます。お値段に問題なければ、製作を開始します。
OEM制作04

CADでデータを作成

いただいた情報を元に、詳細なデザインを詰めていきます。
コンピューターの3D・CAD(キャド)システムを利用して、実際のデザイン・データを作成します。できあがったデザインは、インターネットを利用してパソコンでご確認することも可能です。3Dのデータですので正面、横、側面から確認できます。こういったやりとりを通してデザインを確定します。
OEM制作05

CAD(樹脂原型)で質感をチェック

デザインを画(2次元)から樹脂WAX(3次元)にしてお見せします。
実物の大きさで質感を確認できます。
OEM制作05

生産・ご納品

ご確認いただいた樹脂モデルを元に原型を製作します。 できあがった原型をご確認いただきます。 問題なければ、本製作を開始します。ファーストサンプルの製作期間は、約10日から~1ヶ月程度いただいております。 できあがり次第、完成品をお渡しします。それを元に量産も可能です。

お問い合わせ事例

アクセサリー・ファッションジュエリーの
工場・OEM先をお探しのお客様

  • 業種 / アパレル関係
  • 販売形態 / ネット通販
OEM制作事例0101
普段は、アパレル・小物を扱うWEBショップを経営なさっているお客様。新ブランドとして、ライトジュエリーの販売を立ち上げをお手伝いさせて頂きました。本業においてフラワーモチーフを取り入れたデザインが多いとのこと。その中でも『薔薇の細部を表現したペンダント』をご要望頂きましたので、CAD(キャド)で薔薇の花びらの形状を出来るだけ具現化しました。小粒ダイヤを入れることによって、ジュエリーらしさも表現しています。
OEM制作事例0102
ジュエリー業界のクライアント様であればきっちりした、デザイン画を頂いて始まる先が多いですが、イメージと口頭説明を頂きながらスタートすることもできます。ラフなデザイン画があればなお良いです。弊社にはイラストレーター等でデザイン補足できるスタッフも揃っておりますので、お気軽にお問い合わせください。ご相談の内容によっては直接お伺いさせて頂いて、打ち合わせさせて頂くこともございます。
OEM制作事例0103
OEMとは言え、ジュエリーセオリーに慣れていない方には、普段使い慣れているイラストレーターでも表現しきれない部分がございます。例えば、バラの花びらの細部はそのままトレースしたのでは、実際にはジュエリーにはなりません。『ジュエリーとして良さを活かしながら上手にディフォルメする』必要があります。
また、アパレル業界と違い、「商品に占める素材単価比率が高い」のがジュエリーですので、常にコストを見ながらデザインを詰めていくことになります。
OEM制作事例0104
イラストレーターは2次元(平面)ですので、CADを使って3次元(立体的)で最初から見せるケースも多いです。その後、樹脂ワックス(ロウソクのロウのような材質)で、質感を確認する為、実際の商品と同じ、原寸大の大きさでお見せいたします。ある程度堅いので、チェーンを通してみたり、実際の使用方法で大きさ・高さの確認ができます。
OEM制作事例0105
デザイン画からファーストサンプルアップ迄、最短で10日間で作ることもできます(最終的な本数・金額による)。pt900、pt950の素材の他、k18_3色(k18YG k18WG k18PG)、k10_3色(k18YG k18WG k18PG)をメインに国内生産しています。シルバーアクセサリー等低単価なものは量にもよりますが、海外工場にて、生産することも可能です。

お問い合わせ事例

ブライダルジュエリーの工場・OEM先をお探しのお客様

  • 業種 / ブライダルジュエリーセレクトショップ
  • 販売形態 / リアル店舗
事例02_01
普段は、色々な会社様のブライダルジュエリーを数十ブランドの販売をなさっているお客様。新ブランドとして、オリジナルのブライダルジュエリーの立ち上げをお手伝いさせて頂きました。本業において、K18YGやK18PGとプラチナとのコンビネーションリングの取り揃えをを増やしてみたかったとのこと。他社のブランド様では中々、揃えることが難しかった『足りない部分』を自社ブランドのコレクションで満たすことができました。
事例02_02
ブライダル業界では、自社ブランドとしても他社ブランドのお手伝いとしても長年の実績がある弊社。工場系の会社様にはない『売れるデザイン』のストックと『売れるデザインにするノウハウ』がございます。小売店様側も『デザイン』や『見た目』で『この商品は売れそうか』予想は付くと思います。ただ、イメージやデザイン画の時点では素晴らしいモノが、原型→ファーストサンプルと進むごとにずれてくることは皆さまもご経験があるのではないでしょうか。そういった『ギャップ』を埋められることが弊社の強みです。
事例02_03
また、小売店や自社ブランド形成の経験も長い為、『売っている側からの視点』で『デザイン』や『作り』にアプローチできるのも強みです。コンサルティングまでの言葉ですとおこがましいですが、売るまでのみならず、保証期間やアフターサービス等、先の先まで考えた、アイディアを作りに盛り込むことができます。細部のこだわりやコンセプトまで立ち上げに関わることに、総合的なご相談に応えられるスタッフが揃っています。
事例02_04
pt900ハードプラチナ、pt950ハードプラチナ、k18YG、k18PG、k18WGといったブライダルジュエリーの定番の品位だけでなくpt1000(表記pt999硬化処理付)、k18ブラッグゴールド、k18シャンパンゴールド、等、自社のブライダルブランドを作るうえでオリジナリティーで、差別化しうる素材も数多く揃っております。シルバー素材のものも国内生産可能です。また、ペアリング等低単価素材のなものは量にもよりますが、海外工場にて、生産することも可能です。
事例02_05
デザイン画からファーストサンプルアップ迄、最短で10日間で作ることもできます(最終的な本数・金額による)。pt900、pt950の素材の他、k18_3色(k18YG k18WG k18PG)、k10_3色(k18YG k18WG k18PG)をメインに国内生産しています。
*今回参考例として使わせて頂いている商品群はpt950とk18PGとのコンビネーションリングのみで構成したブライダルジュエリーというコンセプトで構成したラインナップです。

お問い合わせ事例

ライセンス・キャラクタージュエリーのOEM先をお探しのお客様

  • 業種 / 刀剣・戦国グッズ販売店
  • 販売形態 / リアル店舗・WEB販売
事例03_01
普段は刀であったり、鎧のレプリカをお取扱をしているお客様。廉価販売用にk18のストラップ兼ペンダントの制作をお手伝いさせて頂きました。坂本龍馬が日本で最初に作った株式会社といわれる海援隊(亀山社中の発展したもの)のロゴの形状そのものを商品形状に持っていくカタチに最終的にはなりました。正確には『海援隊が使っていた土佐帆船の章旗』です。『歴女(=歴史詳しい女性)にも反応頂くたい』との意向も反映しています。
事例03_01
依頼は受けたものの、クライアント様は異業種様なので、ジュエリーの造詣は深くありません。海援隊のあった江戸時代は現代の女性的受けしそうな造形物は少なく、モチーフの選定は難航しました。お土産ものでよく見かける『海援隊』の漢字そのものをモチーフとしたものはかっこよくはあるのかもしれませんが、女性受けするものかと言われれば疑問符が付きます。キーホルダー的な発想からは離れることとしました。
事例03_03
そこで、『海援隊が使っていた土佐帆船の章旗』に目を付けました。形状としては、『一般の方から見てすぐそれと結びつくもの』では正直ないところが心配でした。 ただ、お土産用は『分かり易く、ベタなものが好まれる』傾向がありますが、クライアント様の顧客様は元々かなり歴史ものに造詣が深い方が多いのでかえってマニアックの方が良いということで採用になりました。
事例03_04
『海援隊が使っていた土佐帆船の章旗』は、女性らしさを表すのに最適なラウンドストーンを入れられる位置も明確です。ディフォルト今回はダイヤモンドとしましたが、ユーザー様の誕生石をセミオーダー的にセレクトできる運用方法で受発注を取ることになりました。ファーストサンプルのみの在庫で受注生産となる為、商品の在庫負担は少なくなります。初期導入のロッドの金額を抑え、売上は最大限にしていきたいお客様におススメな運用方法です。
事例03_05
デザイン画からファーストサンプルアップ迄、最短で10日間で作ることもできます(最終的な本数・金額による)。pt900、pt950の素材の他、k18_3色(k18YG k18WG k18PG)、k10_3色(k18YG k18WG k18PG)をメインに国内生産しています。
*今回参考例として使わせて商品のように『OEMではありますがデザインそのもの』をご提案する場合もございます。クライアント様との協議の上でのご提案になります。

お問い合わせ事例

企業ノベルティ・手作り1個ものの工場・OEM先を
お探しのお客様

  • 地元テレビ局(営業部)
  • 社章の制作
事例04_01
普段は地元テレビの放送を担っているお客様。社員様全員が身に付ける社章制作をお手伝いさせて頂きました。ロゴの形状そのものを社章に持っていくとのご依頼。メインカラーは黒(ブラック)と水色(ブルー)。サブカラーはグレー(シルバー色)。になります。黒(ブラック)は放送局らしく『伝達する行為・明確な意思表示のイメージ』を表しています。水色(ブルー)は『山梨の澄んだ空気と水をそして無限の想像力』を表しています。
事例04_02
メインカラーは黒(ブラック)と水色(ブルー)。
サブカラーはグレー(シルバー色)とのこと。
黒(ブラック)は、黒色をジュエリーで表現する方法はいくつかはあるのですが、『しっかりとした黒』を表現していきたいとの観点から、「エナメル」を使用し、しっかり色を出しました。ポイントの水色(ブルー)はブルートパーズを採用。 水色の持つ淡い色をストーンの輝きで表現します。サブカラーのグレー(シルバー色)を使って社章のカタチそのものをSV925を使って造型することになりました。
事例04_03
仕事中に邪魔にならないよう、「衣服に差しておく時の高さは、なるべく薄くしたい」とのご要望がありましたので、ピン受けは出来るだけ薄いモノを採用=既製品。また、同じ理由で大きさも1.2mmの正方形の形状となりました。様々なリクエストにきめ細かく対応していくため、弊社製造品と既製品のミックスをご提案する場合もございます。いずれも、ユーザビリティと価格優位性を追求した結果となります。
事例04_04
今回は販売するものではなく、納期がそこまでタイトではない、またある程度数が見込める本数だったため、海外で生産することになりました。日本で生産したファーストサンプルと原型を使って生産する為、商品の誤差は限りなく少なくなります。*割高にはなりますが、海外生産したものを国内で小ロット生産することも可能です(主にシルバー製品)。初期導入のロッドが大きく、その後発注量を調整していきたいお客様におススメです。
事例04_05
デザイン画からファーストサンプルアップ迄、最短で10日間で作ることもできます(最終的な本数・金額による)。pt900、pt950の素材の他、k18_3色(k18YG k18WG k18PG)、k10_3色(k18YG k18WG k18PG)をメインに国内生産しています。
*今回参考例として使わせて商品のように『海外での生産』をご提案する場合もございます。数量とコストとの、バランスを考慮した上でのご提案になります。
角ダイヤジュエリー
会社概要